妊活 子宮

子宮筋腫があったら妊活に問題があるの?
Line

子宮筋腫があったら妊活に問題があるの?


子宮筋腫があったら、妊活に問題がある可能性もあります。

基本的に、子宮筋腫が見つかってもそれが悪性化する事は少なく、経過観察をするケースが多いものです。

その為、子宮筋腫があっても無事に妊娠、出産できた方も多数いらっしゃいます。

それでは、何故妊活に問題がある可能性があるのか?

それは、筋腫の大きさだったり、できている場所であったり、子宮の状態に関係したりします。

特に、精子や受精卵の通り道である、卵管や卵管口などに大きめの筋腫ができていると、不妊の原因になる、と言われていますので、覚えておきましょう。

また、筋腫によって子宮内の状態が悪くなっていると、せっかく受精した卵が上手に着床できない可能性があります。

これも、妊活に悪影響ですね。

子宮筋腫があるから妊娠できない、といった事はありませんが、状態によっては医師と相談して妊活の前に子宮筋腫の治療をした方がいいかもしれませんね。

Line

子宮内膜症と妊活にはどんな関係があるの?


子宮内膜症と妊活にはどんな関係があるかと言うと、不妊になる可能性があります。

何故、子宮内膜症だと不妊になるのか?

現在では、まだ詳しく判ってはいませんが、子宮内膜症である女性の約半数が不妊症である、といったデータがあります。

これは、子宮内膜症が妊活に大きく関わっている事になりますね。

その為、妊活を始める前に自分が子宮内膜症であるかどうか、確かめておく必要があるでしょう。

子宮内膜症の自覚症状として一番多いのが、生理の時の痛みです。

生理痛が年々酷くなっていたり、出血が多くなっていたりする場合には、子宮内膜症を疑ってください。

子宮内膜症が重症になると、自然妊娠では難しく、人工授精や体外受精を勧められるケースもあります。

どちらにしても、子宮内膜症の疑いがある場合には、妊活する前に確認しておいた方が安心ですね。

Line

妊活する前に子宮筋腫の手術をしていたら影響ってあるの?


妊活する前に子宮筋腫の手術をしていたら、影響があるとも言われています。

それは、子宮筋腫の手術をする事によって、子宮が傷ついてしまうからです。

子宮筋腫の手術を行った場合、その場所や大きさにもよりますが、妊娠して膨らんだ子宮が破裂する危険があります。

その為、出産時には自然分娩ではなく帝王切開をされる方も多くいらっしゃるのです。

つまり、それだけ子宮筋腫の手術は子宮に影響がある、と言う事になります。

ただ、手術しても約半分の方は妊娠しているというデータもあります。

また、手術する事によって、子宮内がキレイに掃除され、フカフカの状態になって受精卵が着床しやすくなる、といった話も耳にしますので、あまり深く考えない方がいいかもしれませんね。

子宮筋腫がある場合には、経過観察か手術か悩むと思いますが、きちんと医師に妊活している旨を伝えておく事が大切でしょう。

Line