妊活 薬

妊活していたら薬は飲まない方がいいの?
Line

妊活していたら薬は飲まない方がいいの?


妊活していたら薬は飲まない方がいいのか迷う事もあると思いますが、基本的に市販されている薬程度であれば、心配ありません。

市販されている薬であれば、配合されている成分も、かなり抑えて作られています。

また、妊活中であって必ずしも妊娠しているとは限りませんので、あまり神経質になる必要もないでしょう。

ただ、注意しなければならないのが、病院で処方されている薬です。

こちらは、医師の処方による薬ですので、薬の成分も強めになっている可能性があります。

その為、病院で薬を処方される場合には、必ず医師に妊娠の可能性がある事を、伝えるようにしてください。

同じように、持病などで長期的に薬を飲んでいる場合も、注意が必要です。

痛み止めや風邪薬といった、短期間に飲む薬とは異なり、継続的に薬を飲む事で、万が一お腹の赤ちゃんに影響が出てしまっては大変です。

長期間薬を飲む場合にも、必ず医師に確認するようにしてくださいね。

妊活していると言う事は、いつ妊娠してもおかしくない状態にある、と言う事です。

この事だけは、忘れないようにしましょう。

Line

漢方薬なら妊活していても安心して飲めるの?


漢方薬なら、妊活していても安心して飲めます。

漢方薬は「薬」といった文字がありますが、これは効果のあるとされている生薬を数種類組み合わせた、症状を改善する薬、と言う意味です。

妊活にオススメの漢方薬があるくらいですので、安心して飲んでください。

特に、風邪気味で薬を飲みたいけれど、妊活しているからやっぱり不安、といった時には、漢方薬がオススメですね。

ただ、漢方薬は市販されている薬や医師が処方する薬とは異なり、まずは不調の原因となっている体質から改善する事を目的としています。

その為、効果が実感できるまでに、時間が掛かる場合があります。

どうしても、すぐに痛みを止めたい、といった場合などには、漢方薬は向かないでしょう。

反対に、体質改善をして体の調子を整えたい、といった場合には、漢方薬でしたら妊活していても安心して継続的に飲む事ができます。

状況に応じて、薬と漢方薬、上手に使い分けるといいですね。

Line

花粉症の薬なら妊活していても飲んで大丈夫?


花粉症の薬なら、妊活していても飲んで大丈夫でしょう。

そもそも、花粉症の症状を無理に我慢していたら、それこそ妊活に悪影響ですよね。

花粉症の薬が妊娠に影響する、といった事もほとんど無いと言われていますので、安心して飲むようにしてください。

また、もし妊娠していた場合、飲んでしまった花粉症の薬がおなかの赤ちゃんに影響するかどうか、心配だと思います。

もちろん、赤ちゃんに全く影響がない、とは言い切れません。

その為、花粉症の薬を飲んでいる時には、常に妊娠していないかどうか、注意する必要があります。

もし妊娠している可能性があれば、すぐに花粉症の薬を中止して、産婦人科で検査してください。

産婦人科であれば、おなかの赤ちゃんに影響の少ない花粉症の薬を処方してくれますよ。

Line