妊活 冷え

妊活していて妊娠しないのは冷えが関係しているってホント?
Line

妊活していて妊娠しないのは冷えが関係しているってホント?


妊活していて妊娠しないのは、冷えが関係しているのもひとつの原因です。

まず、冷えはどうしておこるのか?

それは、血流の流れが悪くなっているからです。

具体的には、冷えると手足が冷たくなる事が多いですよね。

これは、手足の末端にある血管が収縮してしまい、血液が流れにくくなってしまうからです。

同じように、体内の血流が悪くなると、体も冷えてしまいます。

すると、妊活に重要な子宮や卵巣に、十分な栄養を送り届ける事ができなくなってしまうのです。

また、冷えが長く続いてしまうと、そのまま卵子の老化にも繋がってしまいます。

妊活の際には、体の冷えには十分に注意するようにしてくださいね。

Line

体が冷えていたら妊活しても妊娠の可能性は低いの?


体が冷えていたら、妊活しても妊娠の可能性が低くなる事もあります。

一般的に、体温が下がると体の免疫力も落ちてしまう、と言われています。

そうなると、妊娠以前に、病気に感染しやすくなってしまったり、疲れやすくなってしまったりします。

また、子宮の状態も悪くなり、生理痛も酷くなります。

つまり、体が冷えていて、いい事なんてひとつもない訳ですね。

このような状態で妊活しても、妊娠できる可能性は高くなりません。

自分が冷え性だと思っているのであれば、妊活する前に、まずは体の冷えを改善する必要があります。

最近では、平均の体温が35度台といった女性も少なくありません。

慢性的な低体温にならない為にも、ぜひ注意するようにしてください。

Line

妊活で冷えを改善する為にはどうしたらいい?


妊活で冷えを改善する方法には、次のようなものがあります。

・運動する
・冷たい物を食べたり飲んだりしない
・夏場はクーラーの冷えに注意する
・体を締め付ける服装はしない

まず、冷え対策に最もオススメなのが、適度な運動です。

軽い運動で構いませんので、毎日体を動かす事で、血の流れが良くなった状態を保つ事ができます。

また、運動を続ける事で徐々に筋肉がついてきますので、基礎代謝もアップしますね。

これが、体温上昇へと繋がります。

気温が高くなると冷たい物が欲しくなると思いますが、冷たい物を体内に入れると、内臓が冷えてしまいます。

できれば、常温を心掛けるようにしてください。

デスクワークの場合、クーラーの冷えは体の芯まで届いてしまいます。

夏でも膝掛けや靴下を用意するようにしましょう。

矯正下着などを使用している場合も、注意が必要です。

体を締め付ける下着や洋服は、血液の流れを悪くする原因となります。

妊活をしているのであれば、オシャレよりも健康に気を遣うようにしてくださいね。

Line