妊活 飲酒

妊活するなら飲酒しない方がいいの?
Line

妊活するなら飲酒しない方がいいの?


妊活するなら、飲酒はしない方がいいでしょう。

普段から、日常的に飲酒をされている方でしたら、禁酒する事によって、余計ストレスに感じてしまい妊活が上手くいかない事もありますので、無理にとは言いません。

けれど、飲酒しなくても大丈夫、といった方でしたら、飲酒しないに越したことはありません。

一説によると、1日2杯の飲酒をする事で不妊の割合が60%増加する、とも言われているようです。

少しでも早く妊娠したいのであれば、飲酒は避けるようにしてください。

もちろん、飲酒しなかったから、といって、必ず妊娠できる訳ではありません。

また、友達と食事をしていて、妊活しているからワインの1杯も飲めない、といった事では、今度はそれがストレスになりますよね。

そんな時には、飲酒を割り切って考える事も大切です。

日常的に飲酒をしなければ、妊娠にも影響が少ないと言われていますので、あまり気にしないようにしてください。

Line

妊活中に飲酒していて妊娠が発覚したらどうすればいい?


妊活中に飲酒していて妊娠が発覚した場合、妊娠の超初期段階でアルコールを摂取していた可能性もあります。

そう考えると、不安になってしまうのも無理はありません。

けれど、済んでしまった事は仕方ありませんので、とにかくまずは産婦人科の先生に相談してみましょう。

殆どの場合、赤ちゃんに飲酒の影響はない、といった答えになると思います。

それでも不安な場合は、エコーで元気な赤ちゃんの画像を見て、説明してもらった方が安心ですね。

ただ、注意しなければならないのが、妊娠の超初期段階で飲酒による大量のアルコールを摂取した場合です。

婦人科の先生にも、どれくらいの量を飲酒したのか、詳しく説明するようにしてください。

また、当然の事ですが、妊娠が発覚してからの飲酒は必ず控えるようにしてくださいね。

おなかの赤ちゃんの成長に、悪影響を及ぼす危険性があります。

Line

男性が妊活中に飲酒しても問題ない?


男性が妊活中に飲酒しても、基本的には問題ありません

男性の場合、妊娠しやすい体作りをする必要もありませんし、飲酒する事によって精子の数が減る事もない、と言われているからです。

ただ、毎日のように飲酒をしていると、深酒をしてしまう可能性がありますよね。

すると、今度は勃起力の低下といった、妊活に問題がでる事も考えられます。

また、女性の方は妊活する為に飲酒を控えているのに、男性の方は好きなだけ飲酒できる、と言うのも女性からすると不満となるかもしれません。

男性の場合、仕事上での付き合いもあるでしょうから、なかなか飲酒しない、といった訳にはいかないと思います。

けれど、飲酒するのであれば適量にしておく、排卵日の前後は男性も飲酒を控えるなど、女性に協力する事で、スムーズに妊活が行えるでしょう。


Line