妊活 食事

妊活に効果的な食事のメニューってある?
Line

妊活に効果的な食事のメニューってある?


妊活に効果的な食事のメニューは、あります。

もちろん、どのような食材でもバランス良く食べる事が、妊活中には必要です。

偏った食事をしていては、妊娠しやすい体作りはできませんからね。

けれど、その中でも、妊娠に重要だと言われている、鉄分や亜鉛、そしてカルシウムをバッチリ摂取できるメニューがあります。

それが、牡蠣とほうれん草のソテーです。

牡蠣に多く含まれている亜鉛は、男性の精子を元気にしてくれるますし、ほうれん草にも含まれている鉄分は、女性の貧血を防止してくれます。

妊活している夫婦であれば、是非普段の食事に頻繁に取り入れるようにしましょう。

豚肉の生姜焼きも、妊活に効果的な食事です。

豚肉はビタミンが豊富に含まれていますし、生姜は体を温めてくれます。

普段、なかなか生姜は食べれない、といった方でも、生姜焼きでしたら美味しく摂取する事ができますね。

普段と同じような食事をしていたら、せっかく妊活してもいい結果は得られません。

この機会に日頃の食事を見直して、妊娠しやすい体作りをしてください。

Line

妊活するなら食事からどんな栄養素を摂取した方がいいの?


妊活するなら食事からどんな栄養素を摂取した方がいいのかと言うと、普段から不足しがちである鉄分や亜鉛、そして葉酸です。

また、タンパク質も体の組織を作っている重要な栄養素で、赤ちゃんの体や脳も作ってくれます。

妊活中であれば、タンパク質も積極的に摂取するようにしてください。

鉄分が含まれている食材としては、レバーやかつお、ほうれん草や小松菜があります。

体の吸収されやすいのは、動物性よりも植物性だと言われていますので、覚えておくと良いでしょう。

亜鉛は、牡蠣やアサリ、チーズなどに、葉酸は、ブロッコリーやパセリ、アボカドにも多く含まれています。

タンパク質が摂取できる食材は、豆腐や豆乳、しらすなどが健康的にオススメです。

いくらタンパク質が重要だからといって、動物性のものばかり食べていては、肥満の心配がありますので、高タンパク、低カロリーの食材で摂取するようにするといいですね。

Line

男性でも妊活しているなら食事に気を付けた方がいい?


男性でも、妊活しているなら食事に気を付けた方がいいでしょう。

妊娠は、女性ひとりの力でできる訳ではありません

男性の協力も、もちろん大切です。

また、不妊の原因が男性の精子にあった、なんて事も最近ではよく耳にします。

病院で検査をしてもらったから、精子に問題はない、と思っていても、やはり元気で量の多い精子の方が、妊娠できる可能性も高くなりますよね。

好きなものを好きなだけ食べていては、質のいい精子はできません。

男性も女性と同じように、妊活中の食事には気を付けるようにしてください。

具体的には、亜鉛を多く含んでいる食事をオススメします。

お酒を飲む時も、おつまみに牡蠣が入っているものや、チーズ系のものを選ぶようにするといいですね。

ちなみに、飲酒は勃起力と関係しますので、妊活中はほどほどにしておきましょう。

Line