妊活 年齢

妊活に年齢って関係ある?
Line

妊活に年齢って関係ある?


妊活に、年齢は大きく関係しています。

一般的に、最も妊娠に適している年齢は、20代前半だと言われています。

そして、20代後半から徐々に妊娠までの時間が長くなり、35歳を過ぎると急激に自然妊娠が難しくなります。

これは、年齢が高くなるほど、卵子も同じように老化してしまうからです。

20代の頃と同じように排卵していても、質のよい卵子でなければ、上手く受精する事ができない訳ですね。

これが、年齢と反比例して妊娠率が低くなる原因のひとつとなっています。

つまり、妊活するのであれば、早い年齢から始めた方がより妊娠できる確率も高くなる、という事になるでしょう。

ただ、そうは言っても、若い頃は避妊しなければすぐに妊娠できる、と思ってしまいますよね。

また、経済的な理由から、妊活はもっと年齢を重ねてから、といった考えもあるでしょう。

その人によって様々な理由があると思います。

けれど、女性は妊活と年齢の関係をしっかりと理解して、妊活のタイミングを見極める必要があると思います。

Line

年齢が高齢なら妊活しない方がいい?


年齢が高齢なら妊活しない方がいい、とはハッキリと言い切れません。

それは、高齢であっても妊娠できる可能性がゼロではないからです。

最近では、45歳を過ぎてから出産されている女性も少なくありませんね。

高齢の妊活の成功率や、流産の危険性、また高齢出産のリスクなどをしっかりと理解していれば、妊活してもいいと思います。

ただ、40代の妊活では自然妊娠は難しく、人工授精や体外受精での妊活をオススメします。

また、それに伴って、卵子の質をアップさせるような生活習慣を送る事も重要です。

高齢での妊活は、それだけ時間も掛かりますし、精神的にも大変です。

男性の協力も不可欠である事を、覚えておきましょう。

Line

年齢が若ければ妊活してどれくらいの確率で成功するの?


年齢が若ければ妊活してどれくらいの確率で成功するのかと言うと、25歳では25〜30%となっています。

つまり、25歳の時点でも、自然妊娠できる可能性は3割程度しかない訳です。

やはり、妊活するのであれば早い年齢から始めた方が、成功率も高くなりますし、妊娠するまでの期間も短くなります。

また、卵巣内にある卵子の元となっている細胞は、37歳〜42歳にかけて急激に減少し、10分の1の数になるとされています。

その為、40代になってからの妊活の成功率は、かなり低いものとなるのです。

卵子の状態がいい若い年齢でも、必ず自然妊娠できるとは限らないのですから、年齢が高くなれば高くなる程、難しくなるのは当然ですね。

Line